ダイエットが目的なら有酸素運動

ダイエットが目的なら有酸素運動がおすすめ

ダイエットが目的なら有酸素運動と言われています。まず、有酸素運動とは何かを説明します。

有酸素運動があるなら、無酸素運動もあります。無酸素運動は、短時間で大きなパワーを使う運動です。エネルギー源は主に筋肉の糖質が使用されます。

そして、有酸素運動ですが、有酸素運動は酸素が、正確に言うと酸素と結びついた脂肪が燃焼することにより、エネルギーとなります。ただし、すぐに体を構成している脂肪が使われるわけではありません。最初のうちは血液中の脂肪が使われます。血液中の脂肪が使われれば血中脂肪は減るので、それはそれで健康にプラスになりますが、ダイエット効果は弱いのは否めません。

エネルギー源がいつ血中脂肪から体を構成している脂肪にかわるかと言うと、15~20分程度運動すると、体の脂肪が使われ出すようです。「有酸素運動は20以上運動しないと意味がない」と言われることがありますが、これが理由でしょう。では、具体的にどんな運動をすべきでしょうか。有酸素運動は、高負荷な運動(激しい運動)は必要ありません。激しい運動=大きなパワーの運動なので、それをしても筋肉の糖質が使われるだけですし、それを継続的に続けるのは中々困難です。

比較的軽い運動、たとえばウォーキングはおすすめです。特別な器具は必要ありませんし、自分のペースで行えます。最初は時間は気にせず始めましょう。習慣になるように、継続的に行えなければ意味がないからです。継続的に行えるようになったら、そこで運動の時間、ウォーキングなら距離を意識していきます。

有酸素運動はウォーキングなど、比較的軽めの運動なので、いきなり痩せたりすることはありません。結果が目に見えないと、途中で挫折してしまうこともありえます。そこで、日々の効果が目に見えるよう工夫することによって挫折を防ぐことができます。
ウォーキングであれば、スマートフォン等に万歩計のアプリをいれておば、歩数や距離、万歩計によっては脂肪燃焼量も自動的に計算し、記録してくれます。
無理をせずに毎日続けることができる運動を選択することが大事です。

また、有酸素運動は心臓や、肺等の器官の機能向上にも効果的です。心臓や肺の機能が向上すれば運動の質や量も向上します。当然健康維持にも役立ちます。有酸素運動に加えて、無理しない程度の筋力トレーニングもダイエットにプラスになります。筋肉をつけると基礎代謝が上がります。基礎代謝があがると、何もしていなくても(運動していなくても)エネルギーが消費され、太りにくい体質になります。ともあれ、先に述べたように継続しなければ効果は期待できません。継続は力なりです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする