BCAA(アミノ酸)

筋トレに有効なBCAAとは

BCAA(アミノ酸)とは、バリン、ロイシン、イソロイシンというアミノ酸の総称です。BCAAという成分があるわけではなく、この三つを総称した名称のことをさします。

BCAAは、近年筋トレをしている人やアスリートから注目を集めている成分です。なぜかというと、プロテインよりも高い疲労軽減効果や筋肉増強効果があるとされているためです。

期待出来る3つの効果

BCAAはスポーツや筋トレの前に摂取すると、様々な効果を得られます。

1. 筋肉の消耗を防ぐ

一つ目が代替燃料となり筋肉の消耗を防いでくれるという効果です。ハードなトレーニングを行うと、体内にある糖が枯渇してしまい、筋肉を分解してエネルギーとしてしまいます。すると、筋肉を増やすためのトレーニングが逆効果となってしまい、筋肉が減少してしまいます。BCAAを摂取しておくと、糖の代わりの燃料として働いてくれるため、筋肉の消耗を防ぐことができます。

2. 疲労しにくくなる

二つ目が疲労の軽減です。BCAAにはセロトニンという物質の分泌を阻害する働きがあります。セロトニンはリラックスに効果的なホルモンですが、運動中に分泌されると疲労を感じやすくなってしまいます。セロトニンの分泌を阻害することにより運動を続けやすくなります。

3. 筋肉の回復を早める

三つ目が筋肉の回復を早める効果です。BCAAは筋肉の補修に必要な成分でもあるので、摂取することにより筋肉の回復を早め、トレーニングの効果を高くしてくれます。

摂取する・しないでの違い

ハードなトレーニングをしている人ほど顕著になります。BCAAを摂取せずにハードなトレーニングを行うと、筋繊維が必要以上に損傷されるおそれがあり、疲労度も高く長時間のトレーニングが難しくなります。また、筋肉の回復も遅く効率よく筋トレを進めることはできません。プロテインよりもこれらの効果が優れているため、近年では注目している人が多いのです。

摂取量の上限や目安

体重一キロあたりバリン26ミリグラム、ロイシン39ミリグラム、イソロイシン20ミリグラムが一日の摂取量の目安です。上限としては、トータルで10000ミリグラム程度までと言われています。しかし、これらの数値にも個人差がかなりあります。

ハードなトレーニングをしている人やアスリートであれば上限ギリギリまで取っても問題ないことが多いですが、そうでない場合は取りすぎると肝機能の低下などの副作用がありえます。そのため、最初は目安量を守って摂取するのがおすすめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする