クレアチン(タンパク質)

筋肉増量とパワーアップに効果あり

クレアチン(タンパク質)とは、成長ホルモンの分泌を促進し筋肉組織の増強や免疫力効果を高め体内でできるアミノ酸の一つアルギニンと出来睡眠を促す効果があり、体内合成でできるグリシン、利尿効果やアレルギーの原因でもあるヒスタミン抑制や肝機能を高める効果のある必須アミノ酸の一つメチオニンの3つのアミノ酸が融合してできた成分です。

臓器の中の肝臓と腎臓、膵臓で作り出されています。私たちの体にはおよそ60パーセントあると言われており、特に骨と骨をつなぐ骨格筋にほぼ100パーセントに近い95パーセントが存在しています。

例えば70キログラムの体重の人の体内で存在している量は、平均して120グラムから140グラム含まれています。
また平均するとおよそ2グラム代謝され、老廃物の一つとして排出されます。

クロアチニンは体内で作りだすことができますが、年齢とともに体内で作りだされる量が減ってしまいます。
摂取する・しないでの違いは体内で蓄えられるクレアチン濃度を高めるかの違いにあります。
身体の中で蓄積される濃度が高ければ高いほど骨格筋に蓄えられている濃度が増し筋肉量アップにつながります。

フルマラソンやトライアスロン大会などに出場されるアスリートやボクシングやボディビルダーを目指すアスリートのほとんどが濃度を高めるため日々摂取を続けています。
別名クレアチンローディングともよばれており、1日あたりの摂取量の上限や目安として20グラムほどの量を体内へと取り入れています。

私たちが生活をしていく中で離すことができない食事ですが、食事をしていく中でも食べ物によって摂取することができます。
クレアチンは様々な種類のアミノ酸がたくさん入っているタンパク質に含まれています。

魚や肉に特に多くの量が含まれています。
肉や魚に含まれている量は、1キログラムあたりわずか5グラムしか含まれておりません。
アスリートと同じ様に摂取するためには、それだけ沢山の肉や魚を食べなければいけません。
研究者の間で研究が行われており、様々なサプリメントが登場しています。飲み方はこれまで1日に20グラムを5日間飲み続ける事が主流でした。

これではたくさんの量のサプリメントを摂る必要があるので無理があります。
1日5グラムで30日間飲み続ければ効果が得られる事を発見されてから、筋肉増量とパワーアップを期待するために長期的にサプリメントを摂取するアスリートも少なくありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする