筋肉構成に必要な食材

筋肉を付けるにも役立つ食材

筋肉を強化したい方や免疫力を向上させたい方にとって、トレーニング後には筋肉構成にタンパク質の補給が重要といえます。

筋肉の成長促進に必要な食材には、牛肉・本マグロ・卵などのタンパク質を含む食材が挙げられます。 わずか10g程度のタンパク質の摂取でも、筋肉や関節の不調やウイルス感染などのリスクも少なく、筋肉痛によるリカバリーも早い研究データも報告されています。
筋肉構成にはタンパク質は必須ですが、それよりも大事な生命維持に必要なエネルギー源として摂取すべき成分です。

さらに構成するためのアミノ酸の中でもBCAAは、筋トレ中やその後の疲労の原因となる乳酸の蓄積を抑えてくれるため、フットワークを軽くできます。

BCAA(アミノ酸)とは

分解・合成という代謝を繰り返すことでエネルギーに結び付き、摂取したい食材として良質なタンパク質が重要です。その場合、動物性と植物性の両方をバランス良く摂取することもポイントで、アミノ酸の種類などが異なるためです。

気を付けたいのは動物性の食材のカロリーで、筋肉構成において脂肪よりも重たいために体重に反映されやすく、バランスは重要です。

牛肉などの赤身肉

長時間運動する際に欠かせないBCAAが含まれています。筋肉を付け、強化し、失わせないための性質があり、必須アミノ酸は食事から栄養分として摂取する必要がある重要な成分です。

持久力や運動能力の向上、筋肉量の維持に効果的で、さらに筋肉痛などの疲労の緩和にも働きかける食材です。筋力トレーニングを行う人には欠かせない食材で、インスリンの分泌を促進させ、筋肉を成長させたいビギナー向けでもあります。

体内で生成できない必須アミノ酸が補える点が一番の魅力で、牛肉も部位が様々に選べるため、工夫次第で食べ飽きるケースが少ないのも特徴です。

また黄身と白身に分けることのできる卵には、アミノ酸の一種のシスチンによるコレステロールを下げる魅力があり、メタボ予防にも効果的です。

フットワークを軽くしたり、負担を軽減させるための骨や血液を作る栄養素との相乗効果も期待できます。

本マグロなどの赤身の魚

また本マグロをはじめ赤身の魚には、イミダゾールペプチドと呼ばれる成分が筋肉の中で作られ、活性酸素を抑制させます。

体内をサビさせる活性酸素を取り除くことで疲労回復効果に優れ、疲労の原因の乳酸の分解にも一役かってくれます。こうした点からも、トレーニング前・後には動物性と植物性の食材を上手く組み合わせ、効率良く筋肉を付けることが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする