インナーマッスルの鍛え方

インナーマッスルの鍛え方についてです

ダイエットをしていて食事制限や運動をしている人は多くいます。
しかしダイエットのための食事制限や運動は、大変なことも多くあります。

せっかく食事制限をして食べたいものを我慢したのに、なかなか体重が減らなかったり、毎日ジョギングなどの運動をしたのに体重が減らなかったりすると、大変な思いをしたのに効果が出なかったらダイエットを途中で諦めてしまう人もいます。

そこで最近注目されているのが、インナーマッスルを鍛えるということです。
インナーマッスルとは体の内側の筋肉のことで、普段の生活や運動ではなかなか鍛えることは難しい筋肉です。

でもインナーマッスルを鍛えると、新陳代謝が上がり痩せやすい体になったり、腸の動きを良くしてくれるので便秘が解消したり、姿勢が良くなったりとインナーマッスルを鍛えるとメリットがとても多いです。
そんなインナーマッスルを簡単に鍛えることが出来る方法を紹介していきます。

それはドローインという方法です。
インナーマッスルの鍛え方としては、とてもオススメで簡単に出来るやり方です。
やり方はゆっくりと息を吐きながらお腹を引っ込めるだけです。
これを1回につき5秒から10秒ぐらいを目標に行います。
これなら家事をしているときにも出来るし、寝ながらも出来るので、寝る前のベットに入ったときにも出来ます。

仕事や子育てや家事で忙しくて、なかなか時間を作れない人でも簡単に行うことが出来ます。ドローインをするとお腹周りのインナーマッスルを鍛えることが出来るので、ぽっこりしたお腹も気にならなくなります。

今までストレッチやジョギングをしてもなかなか痩せることが出来なかった人は、インナーマッスルを鍛えることが出来ていなかったので、ダイエットに繋がりにくかった人も多いです。
しかしこのドローインを空いた時間に繰り返しやることで、だんだんとインナーマッスルを鍛えることが出来るので、簡単に疲れないでダイエットを取り組めるようになります。
ダイエットと聞くと大変とか辛いと連想してしまう人もいます。
しかし今まで食事制限や運動をしてもなかなか痩せることが出来なかった人でも、インナーマッスルを鍛えることによって変化を感じられます。

ドローインならお金や時間を必要としないので、試してみる価値があります。
でも毎日やらないとインナーマッスルを鍛えることは難しいので、だんだんと体を慣らしながら無理をしない程度に始めてみると良いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする