プロテインの使い方

効果的なプロテインの使い方について

プロテインは筋肉を増強するサプリメントとしてよく知られていますが、使い方が適切でないと十分な効果を実感することができません。というのも、プロテインはそれ自体に特別な効能がある製品ではないからです。

プロテインは英語で、タンパク質という意味です。肉や魚、大豆製品などから摂れるあのタンパク質とまったく同じです。

単純に肉や魚を食べる量を増やせば筋肉が増えるかといえば、決してそんなことはありません。同様に、プロテインもただ摂取しただけでは意味がありません。

プロテインはあくまでも脂肪などの混じっていない良質なタンパクのみを補給できるよう開発された製品です。
筋肉の量を増やすには、プロテインを変換させるためのトレーニングが必要になります。

さらに重要なのは、プロテインを飲むタイミングです。プロテインには、筋肉になりやすい飲み方というものがあります。
この飲み方を正しく知ることによって、より効率的に筋肉を増量することができます。
最も効果的なプロテインの使い方は、トレーニングを始める1~2時間前とトレーニング後30分以内に摂取することです。

まずトレーニング前ですが、このタイミングでプロテインを摂取することは、必要なエネルギーを確保して身体を疲れにくい状態にするのに役立ちます。
つまりより強いトレーニング、より長時間のトレーニングに耐えられるようになるのです。

一方、トレーニング後30分間は、成長ホルモンが最も活発に分泌される時間帯です。

体内に入った後いったんアミノ酸に分解されたプロテインは、この成長ホルモンの助けによって筋肉組織に変換されるのです。
したがって、このタイミングでの補給は特に重要です。疲れた筋肉の回復にも役立ちます。
また、空腹時にはプロテインの吸収効率が非常に高くなります。

そのため、長い間食事を摂らずにいた時間の後、すなわち起床時に摂取すれば、タンパク不足によって筋量が落ちてしまうのを防ぐことができます。

また、プロテインばかりを飲んで他の栄養補給を怠るのも、筋量の保持にとってマイナスとなります。身体を動かすは糖質すなわち炭水化物や、脂質といった筋肉にとって燃料になる栄養素が必要となります。

さらにアミノ酸が筋肉になる際には、身体の中でさまざまな化学反応が起こります。この化学反応の際に必要となるのが、ビタミンやミネラル類です。
効果的なトレーニングを行うには、こうしたさまざまな栄養素も欠かすことができません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする