筋肥大と筋力がつく仕組み

効果的な筋トレを知ることが大切です

スポーツ選手のような筋肉をつけるために、筋トレを始めようとしているひとは、「筋肥大と筋力がつく仕組み」を勉強してから取り組む方が良いです。知識があるかないかで、筋肉の付き方が大きく異なるでしょう。

より効果的な筋肥大を目指すには

自分に適した負荷量を把握しましょう

より効果の大きい筋肥大を目指すならば、自分に適した負荷量を把握することです。限界ギリギリの負荷を与えるよりも、若干少ない力でできるくらいにするのが良いのです。具体的には80%程度の力で行える筋トレが最も効果が高く、筋肥大がし易くなるでしょう。あくまでも、その時での80%くらいの力なので、徐々に筋肉がついてきたら、それに合わせて負荷を増やしていくことが大切です。

筋肉の休み方も大事

もう一つ筋トレを行う際に重要な点は休み方です。つまりインターバルの時間を知ることです。せっかく筋トレを行っても、休憩時間が長すぎると、乳酸が分解されてしまって、筋肉を成長させるホルモンが出にくくなってしまうでしょう。せいぜいインターバルは1分くらいを目安にトレーニングを反復するのが良いです。それが無理な場合は、今自分に与えている負荷が大きすぎるということなので、少し減らしてみると良いです。

無駄な脂肪を落とす

また、特に筋肉の見た目を重視する人は、有酸素運動を取り入れて表面の無駄な脂肪を落とすことも重要です。筋トレでどんなにインナーマッスルを鍛えても、表面が脂肪でおおわれていると、見た目的にはあまりかっこよくならないです。逆にいうと、力士のような人は、表面こそ太っているように見えますが、中は非常に筋肉が付いているので見た目通り脂肪だらけはないのです。

食事で注意すること

それから、食事を注意することも大切です。ダイエットの場合は、炭水化物を抜くのが有効ですが、筋肉を効率よくつけるには適度な炭水化物を摂取することが必要です。ささみなどの鶏肉ばかり摂取する人もいますが、それは必ずしも良いとは言えないのです。また、食べ過ぎも良くないので、筋肉をつけるために一日に何食も食べる人は最低でも2時間以上は間隔を空けるようにした方が良いでしょう。

また、当たり前と感じるかもしれませんが、自分が鍛えている筋肉を意識して使うことが大切です。頭の中で、「今その筋肉を鍛えている」という認識でトレーニングすると、何も考えないで漠然と筋トレするより効果的な筋肉の付き方が期待できるでしょう。その他にも呼吸法も大事です。特に筋肉を使っているときに息を吐くようにしてトレーニングすると良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする