超回復とオーバートレーニング

過剰な筋トレは逆効果です

人間の筋肉は、適切なトレーニングによってより力が出せるよう鍛えることが出来ます。その仕組みは、筋肉に強い負荷をかけることで筋肉の組織は破壊すると、そのキズが再生した時に以前よりも筋肉は強くなると性質を利用しているのです。

これは一度体験した筋肉の負荷に対して耐えられる身体になるよう、生物が環境に適応する能力として備わっているものです。

この破壊と再生により筋肉が強化される身体の仕組みを「超回復」と呼びます。
一度の超回復で伸びる筋力はたいして大きくはないのですが、トレーニングによって超回復を繰り返すことで、筋肉はどんどん大きく成長して強くなっていきます。

一般的に、トレーニングで破壊された筋肉は2~3日(48時間~72時間)ほどの時間が回復に必要と言われています。この時間は高齢になるほど長くなるようです。
そして、この回復の間は負荷をかけないようにして休息に努める必要があります。

理想的な筋トレは、筋肉を酷使するトレーニングと、回復に努める休息期間を適切に繰り返すことだと言えます。
筋肉を鍛えるうえで、トレーニングと同じぐらい休息も重要な要素です。休息を取らずにトレーニングを続けていると、適切な超回復は起こらないばかりか、必要以上に筋肉にダメージを与えてしまい、思わぬ怪我をしてしまう恐れがあるので注意しましょう。そして効率の良い超回復には筋肉の材料となる栄養も必要です。トレーニング後は栄養を十分に補給して、休息をしっかり取ることが効果的な超回復を促すことに繋がるのです。

十分な休息を取らず過剰なトレーニングを続けていると、慢性的な疲労した状態になってしまいます。これを「オーバートレーニング」と言います。

オーバートレーニングは肉体的な疲労や痛みだけではなく、精神的にも疲労感が抜けなくなってしまいます。このことからオーバートレーニング症候群や燃え尽き症候群と呼ばれることもあります。

超回復には成長ホルモンが大きくかかわっていますが、重度のオーバートレーニングでは、ホルモンのバランスを乱してしまい身体のあちこちで問題を起こし、最悪の場合生命にかかわるような状態に陥る可能性もあります。
焦らず十分な休息を入れた適切なトレーニングを行ってください。

オーバートレーニングにならないよう適切な筋トレを行うため、日頃から心拍数や血圧、基礎体温など身体情報のデータを記録しておくと異常に気付きやすくなり、トラブルを未然に防ぐことができるでしょう。
超回復とオーバートレーニングの仕組みをしっかり理解して、安全にトレーニングを行ってください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする