インナーマッスルを鍛える

インナーマッスルを鍛えて美容に役立てる

「インナーマッスル」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

インナーマッスルとは

その名の通り体の内部に存在する筋肉のことです。
通常の筋トレで鍛えられる腹筋や背筋、上腕二頭筋などはアウターマッスルといい、皮膚近くの表面部にあります。

痩せようとして筋トレをするとき、多くの人がアウターマッスルを鍛える筋トレをしてしまいます。しかし、アウターマッスルを鍛えてもダイエット効果は高くありません。実はインナーマッスルを鍛える方がダイエットには効果的なのです。

インナーマッスルを鍛えることによる効果は、ダイエットだけではありません。それ以外にも多くの嬉しい効果があります。

インナーマッスルを鍛えると期待出来る3つの効果

効果その1:美しい姿勢

一つ目が美しい姿勢になるということです。インナーマッスルが鍛えられると、背筋をのばして真っ直ぐ立つのが辛くなくなります。そのため、自然と美しい姿勢になり、周りからの好感度も高くなります。

効果その2:便秘解消

二つ目が便秘解消の効果です。インナーマッスルを鍛えようとするときの運動には、腸の近くを刺激する運動が多くあります。そのため、筋トレによって腸が刺激され、便秘解消に役立ちます。また、鍛えられたインナーマッスルにより排便もスムーズになり、長期的な便秘解消効果も見込めます。

効果その3:冷え性の解消

三つ目が冷えの解消です。
インナーマッスルは熱を生み出す効果が高く、アウターマッスルよりも効果的に体温をあげてくれます。インナーマッスルは運動するときに使う筋肉というよりは、ふだんの生活で使う筋肉のため、何気ない動きでも熱を生み出します。そのため、冷えを解消には非常に効果があります。同時に代謝も高まるため、ダイエット効果も得られます。

また、インナーマッスルが鍛えられても、外見でわかるほど筋肉はつきません。内部の筋肉が強化されるため、美しいボディラインにしたいという女性にも向いている方法です。

筋トレの種類

このように様々なメリットがあるのがインナーマッスルへの筋トレです。方法としては、いくつかのものがあります。

代表的なのがドローイングです。ドローイングとは引っ込めるという意味で、息を吐きながらおなかをへこませるようにすることをさします。ドローイングのよい点はいつでもどこでもできるということです。手軽でありながら効果は高いのでおすすめの方法です。

他にも、スクワット、しこ踏み、プランクとよばれる姿勢をとる筋トレなど多くの方法があります。どの方法でもよいですが、重要なのは続けることです。長く続けることができる無理のないものを選ぶことが結果的に成功につながります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする